レーザー脱毛とあざについて

肌には様々なトラブルがあり、あざができてしまうこともあります。そんな状態でレーザー脱毛をできるのか疑問に思う人もいるかと思いますが、安全に脱毛するためにはあざなどの状態をきちんと医師に伝えてできるかどうかを確認することが大切です。

また、レーザー脱毛後にあざができてしまったというケースもありますが、そんな時にも医師に相談します。

あざがある場合の脱毛

レーザー脱毛は、レーザーを肌に照射することによって、毛のメラニンにレーザーを反応させて熱エネルギーに変えて毛乳頭を壊すことによって脱毛するという施術になります。

メラニン色素に反応させて脱毛させる方法ですので、肌に色がついてしまうあざやシミなどがあると、レーザー脱毛だけではなく脱毛サロンで行われる光脱毛でもできないケースがあります。

これはあざやシミなどの色にも反応してしまい、結果としてやけどをしてしまう危険性があるためです。ほとんどの場合、肌に怪我やあざがある場合にはレーザーや光など関係なく施術を受けないことが無難です。無理に脱毛してしまうと傷やあざの治りが遅くなってしまったり、色素沈着などのトラブルを起こしてしまうためです。

そのため、施術前には肌にあざや傷を作らないように注意します。あざがあっても施術するというときには、保護シールなどを貼り肌に影響のないようにしてから脱毛していきます。生まれつきある色素の薄いあざであれば、特に何も言われずに施術は行われます。

ただし、内出血してしまった場合には施術はできないとされています。あざの状態や症状によってできるかできないかは異なるため、医師に相談してから脱毛することが大切です。

脱毛後にあざができてしまったら

レーザー脱毛後にあざができてしまった、というケースはよくあります。これはレーザー脱毛によって炎症が起こることによってできる色素沈着が原因です。レーザー脱毛後は、特に太く濃い毛が密集している部分に炎症が起きやすく、照射した部分が全体的に炎症してしまったり、部分的に炎症してしまう場合があります。

通常であれば赤みは一週間程度で落ち着き、毛が細くなるに従って炎症も治っていきます。ただし、強い出力でレーザー脱毛をしてしまったという場合、毛が生えなくなる可能性は高くなりますが、炎症によって色素沈着が起こりやすくなります。

日本人の肌は炎症後に色素沈着が起こしやすいとされています。炎症による色素沈着によって起きるあざを防ぐためには、施術後のケアをきちんとすることが大切です。炎症を抑える軟膏を塗ることで、炎症はすぐに改善することができます。

また、自分でできるケアとしては入浴することで炎症がひどくなる可能性もあるため、施術当日は入浴せずにシャワーだけにして、肌をこすらないように気をつけます。入浴後はしっかりスキンケアを行うのもオススメです。

レーザー脱毛後の炎症している肌は紫外線が当たるとダメージになりトラブルが起きやすくなるため、紫外線対策を行うことも重要となります。

レーザー脱毛であざが消える仕組み

レーザー脱毛後はきちんとケアしなければ、あざなどができてしまいますが、レーザー脱毛後にあざが消えるというケースもあります。もともとレーザー脱毛機は肌の美容に開発されたもので、毛を処理するというものではなく肌の黒い部分に反応して壊すという効果のあるものです。

つまり黒や茶色のシミやあざなどに反応して作用するという仕組みになっています。ただし、必ず消えるというわけではないためあざを消すためにレーザー脱毛を利用するというのは避けたほうが無難と言えます。つまりあざのメラニン色素に反応することで、あざを消すことも可能です。

このような仕組みですので、ホクロや黒ずみにもレーザー脱毛は有効です。基本的にはホクロの周りは保護シートを貼ってから脱毛しますが、大きな場合にはホクロを除去してからレーザー脱毛を行うこともあります。

あざの状態がどうなるのか気になる、という場合にはカウンセリングで詳しく話を聞くことをオススメします。

脱毛後のトラブルを起こさないケア

レーザー脱毛後は、熱がこもっている状態になります。そのため入浴だけではなく、過度な運動で汗をかくなどの肌を温めたり、肌に刺激を与えると炎症が長引いてしまうこともあるため注意が必要です。施術当日はシャワーのみにして肌を温めすぎないように心がけ、家に帰っても火照りが続くようでれば冷水で冷やしたタオルや市販の保冷剤などを使って脱毛部分を冷やします。

また、スキンケアはいつも以上に意識します。レーザー脱毛は肌にダメージを与える方法でもあるため、施術後はいつもよりも肌の水分量は減っています。そのためいつもよりもしっかり保湿してケアします。高価な化粧水などは必要なく、普段使っているスキンケア用品で十分ですがいつも以上にしっかり脱毛した部分に塗っていきます。

炎症は通常2〜3日程度で治りますが、それまではしっかり炎症止めの軟膏などを塗るようにしていきます。軟膏を塗っても治らないほど強いかゆみや痛み、ヒリヒリ感、湿疹や水ぶくれ、かゆみなどがある場合には炎症ではなくやけどになってしまっている可能性もあるため、クリニックに相談します。

(レーザー脱毛で脚に自信を持つことができた)

レーザー脱毛を行うクリニックの選び方

レーザー脱毛であざややけどを作らないためには、しっかりしたクリニックを選んでいくことが大切です。クリニックを選ぶ場合には、基本的には大手のクリニックであれば安心して施術してもらうことができます。その上で選ぶ場合は、まず料金を比較してから選んでいきます。

脱毛する部位によって価格は変わってくるため脱毛したい部分に合わせて選ぶのがポイントです。全身脱毛の料金を比較する場合には、含まれる部位を確認してから料金を比べて行きます。顔やVIOなどが含まれているのかなどを比較してから選びます。

長く続けるためには、通いやすさも重要です。自宅や職場などから近いところにあるクリニックを選ぶことで、通うことに負担を感じずに最後まで通えます。その上で、万が一トラブルにあった場合にはどんな保証が付いているか、硬毛化してしまった毛への対処はどうしてくれるのかなどを考慮して選んでいきます。

また、使っている脱毛機器は最新機種であるか、カウンセリングをしっかり行っているクリニックかなども考えて選ぶことも大切です。